混声合唱団アポロンとは?

神戸大学混声合唱団アポロン プロフィール

 神戸大学混声合唱団アポロンは神戸大学公認の課外活動団体で、文化総部に所属しています。1948年に「御影混声合唱団」として結成され、神戸大学御影分校にて活動をスタートし、その後1963年、鶴甲に学舎が移転したのを機に混声合唱団アポロンとして再発足しました。現在、総勢約70名の団員が在籍し、毎年12月に開催する定期演奏会に向けて活動しています。

 アポロンは関西学生混声合唱連盟(略称:関混連)に所属しており、過去にはフィリピンの合唱団(University of the East Chorale)とのジョイントコンサートを行うなど、対外的な活動も積極的に行っています。

 今年で創団71年目となり、定期演奏会は56回を数えます。皆様、ぜひアポロンの定期演奏会に足をお運びくださいませ。

(2018年1月1日更新)

顧問・役員紹介

2018年度 神戸大学混声合唱団アポロン

  • 名誉顧問:斉田 好男
  • 顧問:大田 美佐子
  • ヴォイストレーナー
    • ソプラノ:植田 祐佳
    • アルト:山田 愛子
    • テナー:井澤 章典
    • ベース:武久 竜也
  • 部長:手塚 義人
  • 副部長:藤山 佳貴
  • 正指揮者:浜田 道也
  • 副指揮者:佐々木 純哉
  • チーフマネージャー:丸田 真理子

練習について

練習日は以下の通りです。

本練習

  曜日 時間 場所
  月・木 17:30~19:30 鶴甲第1キャンパス
  13:00~16:30 県内の公民館など

国文練習(昼練習)

  曜日 時間 場所
  月~金 12:20~12:50 鶴甲第1キャンパス

※演奏会直前期は本練習が20分間延長されます。

※長期休業中は練習時間等が異なることがあります。

※諸般の事情により練習時間等を変更することがあります。